アスタム村にあるホテル「はなのいえ」

はなのいえはアスタム村にある。

ポカラの北、20キロほどのところにある。

ダンプスやオーストラリアンキャンプという有名どころのトレッキングポイントと同じ尾根の上にある。

トレッキングの際の宿としても使われている。

日本人がアンナプルナが見えるホテルとして作った。

そのおかげで日本人にとってリラックスできるホテルである。

病み上がりの私にとってすごく助かる。

何かあったときのことを考えると安心感がある。

丘の上からは麓の村が見渡せる。

石造りの建物が印象的である。

部屋のある建物は五つ。

一つが二部屋に別れている。

ホテルの中は段差があり、上下運動ですぐ息の切れる私にとって辛い。

部屋の中は質素である。

山小屋風といったところか。

面積は広い。

バルコニーがあり、そこから山が見える。

残念ながらいったときは雲に隠れて見えなかった。

もう少し暑い季節だと、風に吹かれて気持ちがいいだろう。

バルコーニからお隣を眺めるとこんな感じ。

泊まった日は不在であった。

窓からの景色。

もう一段上の建物からだと、前の木が気にならないのだが・・

かといって、切るわけにはいかないのだろう。

風呂はシャワーのみ。

ただ、共同風呂として五右衛門風呂がある。

風呂好きにはそちらの方が楽しいだろう。

トイレ、洗面所はこんな感じだが・・

中に木が植えられている。

こんなホテル初めてである。

部屋に備えられいるテーブルと椅子。

座椅子の様な椅子である。

枕元のテーブルには。停電に備えてろうそくが置かれている。

このろうそく自家製とか・・

手作り感満載のろうそくである。

LEDの懐中電灯もあったが、付かなかった・・

つけ方がわからなかったかも。

ホテルについて、早速昼ごはんに呼ばれた。

三食付きのオールインクルーシブである。

ここの料理は日本食がメイン。

作るのはネパール人のおじさん。

味噌汁もついていた。

味噌も自家製である。

なんとも、ネパールの山奥で美味しい味噌汁に出会えるとは・・

デザートはみかん。

これも日本的といえば、日本的。

ポンカンみたいな味であった。

食堂とは別棟に暖炉がある建物もある。

残念ながら、私のいる間、火が入ることはなかった。

さて、周りに何もないところ。

これから何して過ごしましょうか。

悩ましいところである。

宿泊代金は三食付きで

シングル 125 USD/部屋/泊
ツイン 200 USD/部屋/泊
税、サービス料別となります。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

シェアする