ジェットスターで関空からダナンへ

スポンサー


初めはハノイを考えていた。

しかし、ハノイに安く行くには深夜便を使わないといけない。

ANAとベトナム航空を使えば、その日のうちに到着できるのだが・・

そうすると、航空券が一人六万ちょっと・・

予算オーバーである。

ホテルを一泊5000円にしても、旅行費用は二人で十五万円は超える。

ずっと、悩んでいた。

さらに、ハノイは空気が悪い。

肺の手術をしたばかりの私の体にはきつい。

これも、決断を鈍らせていた。

そして、考えた末が、ホイアン。

関空から近くのダナンまで直行便が飛んでいた。

それも、往復、昼の便です。

値段も、一人三万ほど・・

さすがジェットスターです。

そして、決まったベトナム旅行、

関空に着いたのが7時過ぎ・・

出発が9時過ぎだから、楽勝と思いきや・・

すでにすごい列。

なんとか、チェックインを済ましたのが8時であった。

さらに、出発が予定より早まるという。

急いで朝ごはん。

関空での食事は高くつく。

その中で庶民の味方は関空食堂。

なんとか食堂というネーミングで全国展開している安食堂。

たらふく食べても500円ぐらいである。

食事を終えたのが、8時半。

出国の列に並ぼうとすると、これまたすごい列。

正月休み並みの混雑である。

原因は修学旅行。

ちょうどこのグループの出国時間と重なったようである。

出国手続きに手間取ったので、残された時間は少ない。

いつもならラウンジでコーヒーを飲んでから、機内へとなるのだが無理。

搭乗口に着くと、すぐ機内への案内が始まった。

水を自動販売機で買うのが精一杯であった。

慌ただしい出発となってしまった。

チェックインカウンターの混雑から予想はしていたが、やはり満席。

狭い機内の中で辛い五時間が始まった。

関空離陸・・

徳島通過・・

鳴門大橋が見えます・・

四国山脈上空・・

あっという間に、四国に戻ってしまった・・

高知上空・・

室戸岬が綺麗に見えます・

その後、眼下は雲海へ・・

ジェットスターは狭いです。

足を組むことができません。

この状態で五時間・・

大丈夫かぁ??・・

往復30000円の料金。

文句を言ってはいけない。

食事も飲み物も別料金。

乗る前に買った水だけが救いです。

しかし、なんとかなるものです。

長い入院期間に鍛えられた忍耐力。

以前の私なら発狂寸前の状態ですが・・

問題ない。

私もたくましくなったものです。

到着は遅れ、結局六時間の飛行時間。

やっと、ベトナムへ到着です。

ダナン空港では、LCCの宿命、沖留めです。

タラップを降りて、バスへ・・

暑いです。

バスに乗った後も、発車せず・・

暑い車内で耐えました。

やっとのこと、空港内へ・・

入国審査です。

なぜかみなさんASEANのところに並びます。

えっ、みなさん、東南アジアの方だったの・・・

でも、みんな機内では日本語喋ってたよね。

荷物のタグはJTBやHISがついているよね・・

ツアー会社の案内にはASEANのところに並びましょうと書いてあるのかも・・

不思議な行動です。

おかげで、FOREIGNERのところはガラガラです。

私は並ばずに入国審査ができたので助かりましたが・・

どうせ早く荷物のところに行っても出てきませんので、関係ないか・

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

いよいよ、ベトナム観光が始まります。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
今日もクリックありがとうございます



スポンサーリンク

シェアする