ロンドンの朝ごはんはナチュラル嗜好

スポンサーリンク

ロンドンは三十年ぶりの訪問。

若いころ金もないのに頑張ってヨーロッパ行き。

ちょうど地球の歩き方が発売された時期でもある。

その時のロンドンの印象は暗くどんよりした雰囲気。

建物は古臭く陰気な町という印象。

地下鉄の通路などはお化け屋敷かと思うほど古ぼけていた。

今回行ってみると、町は新しくなり、地下鉄もリフトで地上に出るのではなく、エスカレーターがすべて。

あの監獄のようなリフトはどこに残っているのだろう。

泊まったホテルが町の中心部と言うこともあり、朝、ホテルからメイフェアを歩いてみた。

ここメイフェアはハイドパーク、グリーンパーク、ピカデリーサーカス、オックスフォードストリートに囲まれる地区。

政治家や貴族の居住地として数百年にわたって、ロンドンきっての高級住宅地となっている。

日本大使館もこの地区にある。

朝早いということもあり、人通りは少ない。

とんでもない高い車が、路上に放置されている。

それも、オープンカー。

持ち主は、すごい金持ちなんでしょうね。

q1_20150720211820d38.jpg

q2_20150720211639805.jpg

q3_20150720211640de2.jpg

q4_201507202116429fc.jpg

q5_201507202116436ea.jpg

q6_201507202120192ff.jpg

q7_201507202116273ab.jpg

q8_201507202116297e7.jpg

q9_20150720211630a0c.jpg

昔の私のロンドンのイメージは、暗い。

ここまで、写真はモノクロでお届けしました。

さて、散歩の続きです。

日本大使館近くにある健康食品的ファストフード店に立ち寄ってみました。

お洒落な女性が入って行ったので、興味がそそられて・・・

e0117096_2182941.jpg

客層もカッコいいです。

仕事前の腹ごしらえと言うところでしょうか。

DSC_6174.jpg

DSC_6175.jpg

彼女が頼んだのが、カップに入った豆スープ。

私たちも、そこで、豆スープをいただくことに。

これは、日本で食べれないイギリスの朝ごはんです。

スープだけで一食のボリュームがあり、実際、現地の女性はそれだけで終わらせていましたが、

やっぱりパンが美味しそうなので、ひとつチョイス。

豆スープ、いろいろな味があったのですが、私は普通に野菜味。

カミサンはチリ味を選びました。

e0117096_2175053.jpg

e0117096_218052.jpg

e0117096_218728.jpg

日本では、味噌汁にご飯と言う正しい日本朝ご飯を貫いていますが、

美味しいパンなら、パン食でもいいかなって感じです。

スポンサーリンク
イギリス🇬🇧
シェアする
定年バックパッカー 旅行ブログ

コメント