にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

アムパワーは夜がおすすめ タクシーでの行き方

スポンサーリンク
夜のアムパワー、これは行く価値のある一級品の観光地でした。前回は金曜日に行って失敗。
今回はタクシーと交渉して、往復をタクシーで行くことに。1時間半かけて行きました。夜のアムパワー最高でした。

夜のアムパワー、これは行く価値のある一級品の観光地でした。

 

久々、行った価値あった満足感があります。

このアムパワー、私と相性悪く、4年前、ミニバス乗り継いで行ったのに、

平日のため、人気のまったく無しの、廃墟のような町を見て帰りました。

水上マーケットがやってないだけで、それ以外は見所あるだろうと、軽く考えて行ったのですが、撃沈でした。

 

 

今回はこの失敗を糧に、金曜日に行きました。

時間もベストの夕方にしました。

そして、行き方はタクシーチャーター。

さらに、前日にタクシー運転手と交渉し、

3時にホテル前に迎えに来てもらう様、

準備万端のはずでした。

しかし、今回の旅はトラブルがお約束の様にやってきます。

予約したタクシーが来ません。

30分待っても来ません。

40分過ぎたところで断念。

 

新たにタクシー探しです。

片道1時間半かかる所にありますので、メーターで行くのはリスクが大きすぎます。

事前に交渉で決めておきたいところです。

時間がありませんから、交渉不利です。

家族連れての交渉ですから、足元見られます。

まず大事なのはさりげなさです。

行ってみようかなって感じで始めます。

相手から声をかけさせないといけません。

これ、交渉の基本です。

 

タクシーがたまっている所を探しものをしている感じで歩きます。

早速、食いが入りました。

 

タクシー??

来ました、きました。

何処へ行く?

そこで私、アムパワーと答えます。

相手に動揺が走ります。

 

第一段階、私の勝ちです。

動揺している相手は交渉が楽です。

相手は、大物捕まえたと、ヤル気ムンムンです、

相手は、まず挨拶代わりに、1500バーツと言ってきました。

軽く笑って手を振ります。

 

では、いくらで乗ると聞いてきたので、

800バーツと答えます。

彼の返事は、それだと片道分だと言います。

これで、交渉の糸口が見えました。

 

相場だと、片道800バーツ。

乗り捨てると、帰りは空で帰るから相手は損です。

その損の部分にいくら色をつけるかの交渉に変わります。

相手がひるんでいるうち、軽くジャブを入れてみます。

 

私から、ラストプライス1000バーツ、と言ってみました。

最終ではないですが。。。

これがなんとクリーンヒット。

相手が渋々OKです。

 

ただし、条件つけてきました。

ほたるを見るボートに乗れという。

なるほど、彼はこちらで儲けようときたようです。

 

ところで、皆さん、蛍をしめすジェスチャー知ってます?

タイ人は、目の前で、手を閉じたり、開いたりします。

私も最初分かりませんでしたが、何回か話しているうちに分かりました。

乗らないと言うと、彼は最後のストレート打って来ました。

メーターで行け。

 

嫌だと言うと、もう彼には交渉の道具がありません。

もう、YesかNOしかありません。

しかし、大物のくわえた彼はNOはないです。

交渉成立、1000バーツで決まりです。

彼は渋々OKと言いました。

 

が、しかしです。

別の人間が横から入って来ました。

チープ、チープ、チープ。

安い安いと5連発です。

すごい迫力で来ました、

 

あと、200バーツ、出すか、船に乗るか、どちらかでないと話は終わりだといいます。

そして、ダメならメーターで行けと言います。

キャイ~ンです。

 

時間がないのに振り出し戻ります。

今度は私の負けです。

200バーツ出して、往復1200バーツできまりとなりました。

 

 

ここから、1時間半かけて行きました。

確かに、メーターは片道800バーツでした。

行って分かりました。

私、かなり悪どい交渉してたようです。

最初の1500バーツ、ぼった値段ではなく、

正当な価格でした。

昔の記憶ではもっと近いと思っていたのですが、遠かったです。

 

 

そして、夜のアムパワー最高でした。

川べりで食べた夕食、安く美味しかったです。

観光地なのにです。

 

ナイトマーケットの様子は、カメラで撮った写真と共に後ほどお伝えします。

今回はiPhoneです。

夜のアンパワー水上マーケットはレストランが安い
ユネスコアジア太平洋遺産賞(文化遺産保護)を受け、 少しずつ日本人にも知られてきたアンパワーの水上マーケット。 バンコクで水上マーケットというと、ダムヌンサドゥアック水上マーケット 。 私も行きましたが、見事に観光地化され、一...

↓ ↓ よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もありがとうございました

スポンサーリンク
タイ家族旅行🇹🇭
定年バックパッカー 旅行ブログ