世界遺産 ミーソンに行ってみた

スポンサーリンク
今日はミーソン遺跡ツアーに参加する。8時にホテルに迎えが来た。遺跡に着いた後、駐車場から遺跡までは遠い。総勢百人で行動するのは嫌なので、グループから離れることとする。遺跡は予想していたよりよかった。遺跡観光が二時間ほどかかり、その後、川下りのクルージングである。出た食事は美味しかった。しかし、クルーズの船は古くて、スピードが出ない。

ホイアン二日目の朝。

まずは朝食。

数種類のメニューから選べる。

ベトナムはフランスパンが美味しい。

卵料理はスタンダードにオムレツ。

そして、やっぱり東南アジアに来たという実感はフルーツ。

ブュッフェスタイルの朝食が多いが、ここのホテルはメニューから選ぶ。

どちらがいいか・・

たくさん食べていた若い時はブュッフェ形式が良かったが、最近はこちらの方が楽である。

さて、今日はツアーに参加する。

今回の旅行は病み上がりということで、のんびりする予定であった。

ホテルに着くと、女主人から世界遺産の遺跡へのツアーを勧められた。

断ると、

どうしてここにきたの行かないのか・・

信じられない・・

という。

かなり断ったのだが、押し切られてしまった。

昼食、ボートクルーズ付きで一人二十ドル。

高いのか安いのかわからないが、午前中で終わるということで申し込んだ。

8時にホテルに迎えが来た。

その車で街外れまで乗ると、大型バスに乗り換えた。

バスに乗ると、ツアーの参加形態の確認。

色々な参加形態があるようである。

そこから一時間。

思っていたより遠いところにあった。

駐車場に着くと、バスは三台に増えていた。

乗客総勢百人以上。

これらがまとまって移動する。

こんなツアーは初めてである。

安い理由がわかった。

駐車場から遺跡までは遠い。

その間電気自動車がピストン運転していた。

ベトナム、環境問題にまで考え始めたか・・

さすが世界遺産。

この小型バスを降りてからも結構歩く。

総勢百人で行動するのは嫌なので、グループから離れることとする。

地図があったので、問題ないだろう。

集団が動き始める前に、先に出発した。

途中の道は映画に出て来そうな雰囲気。

ベトナム戦争映画でこんなの見たような・・

最初の遺跡が見えて来た。

先に出発したので人が少ない。

可愛いお姉さんがポージングしていたので撮らせてもらう。

そうこうしているうちに、ツアー軍団に追いつかれてしまった。

一気に賑やかになった。

こうなると、遺跡の写真が大変になる。

いいなと思うところには必ず記念写真組がいる。

遺跡は予想していたよりよかった。

宣伝不足である。

観光地化されたタイのアユタヤより面白かった。

規模が小さいので、軽く見られているのかもしれない。

写真を撮るものにとって、面白い題材であった。

ただ、観光客が多い。

申し込んだツアーだけでバス3台の大所帯。

それを一人のガイドがこなす。

当然、100人近くの集団が遺跡の周りに常にいる状態となる。

さらに、他のツアーも多い。

私が参加したツアーには日本人は私たちだけ。

その他、多国籍である。

英語圏からの客は少ないので、簡単な英語で案内が進む。

とにかく、いたるところにアメリカ軍の悪口が入る。

ツアー参加者の中にはアメリカ人もいたと思うが、さぞかし辛かったと思う。

遺跡観光が二時間ほどかかり、その後、川下りのクルージングである。

美味しい昼食がついていると、ガイドは力説していた。

予定がかなり遅れ、時間は2時近く・・

バスを降ろされ、川沿いの小道を歩くと・・

ひょっとして、クージングってこれ・・

腹が減った・・

そして、出されたものが・・

感激した。

前菜かと思っていたら、これで終わった。

手を出さない客もいた。

しかし、腹が立つことに・・

うまい

とにかくうまい・・

お代わりまでしてしまった。

クルーズの船は古くて、スピードが出ない。

何隻も別のツアーの船が追い越していく。

何度、追い越していく船に手を振ったことか・・

まぁ、仕方がない。

安いのだから・・

ホイアンの町に到着前に見たホテル。

良さげである。

次回はここに泊まるのもいいかも・・

しかし、終わって見たら満足のツアーであった。

スポンサーリンク
ベトナム🇻🇳
シェアする
定年バックパッカー 旅行ブログ