思い出旅行記

定年バックパッカー

アンネ・フランクの家へ行ったのですが・・その後、アムステルダムの運河巡り


一通り、アムステルダムの散策は終わったので、後どこに行こうかと・・

マックのWiFi使って調べてみると、みなさん、アンネフランクの家がお勧めの様子。

ならばと、トラムに乗って移動です。

 

f:id:fabifuten:20210426113306j:plain

ついた場所は運河に面した、落ち着いたところ。

そこに観光客が沸いて、そこだけ異様な感じ。

 

どのように入れるのかと、うろついていると・・

どうも予約制の模様。

 

そうでしょうね。

これだけの人だかり。

予約制でないと人は捌けないでしょう。

で、本日分は完売とのこと。

あらあらです。

 

f:id:fabifuten:20210426113313j:plain

 

では、仕方ないのでアンネの家だけでも写真をと撮ったのですが・・

この建物はそうではなく、右の白い軒先の建物がそうだとか。

帰国して知りました。

なんとも、アホなことで・・

 

f:id:fabifuten:20210426113310j:plain

 

さて、どうしましょうと悩んでいると、お洒落な格好をしているおじさんからお誘い。

船に乗って、運河観光しないかと。

 

f:id:fabifuten:20210426113316j:plain

 

もう疲れて歩く気力もないので、船に乗っていればアムステルダム観光できるかと。

ノラの発想で乗船です。

 

f:id:fabifuten:20210426113318j:plain

 

橋をいくつもくぐりながら、船は進みます。

場所によっては、頭を下げないといけない、かなり危ないところも・・

 

 

f:id:fabifuten:20210426113325j:plain

 

座っているだけで、アムステルダムを味わえます。

これは楽ちん、良い観光手段です。

今まで、バスに乗って市内観光したこともありましたが、下から眺める街並みもいいようで・・

 

f:id:fabifuten:20210426113328j:plain

 

ただ、事前の予習ができていないので、どこが名所かわからないのが難点。

やっぱり観光地にはガイドブックが必要です。

せめて、WiFiがつながっていれば、地図で観光できたのですが。

ちと、準備不足がたたります。

f:id:fabifuten:20210426113331j:plain

 

しかし、運河巡りは楽しくて・・

取り留めのない写真ばかりを撮ってました。

 

f:id:fabifuten:20210426113336j:plain

 

中には、小さな船で廻っている人も。

これはこれで楽しそう。

 

f:id:fabifuten:20210426113340j:plain

 

ここは撮影スポットとか。

船頭さんが、しばし船を止めて写真タイムです。

私も何枚も写真撮りました。

 

f:id:fabifuten:20210426113342j:plain

 

運河だけでなく、運河沿いの建物も雰囲気があります。

京都と同じく、間口で税金がかけられていたので、鰻の寝床のような建物がめだちます。

 

f:id:fabifuten:20210426113349j:plain

 

大きな観光船とすれ違い。

たくさんの観光客が乗っています。

これよりか、今乗っている船の方が観光には良さそうです。

でも、寒い時や雨の時は・・・??

 

f:id:fabifuten:20210426113352j:plain

 

そろそろ飽きてきた頃に終わりが見えてきました。

見覚えのある建物です。

 

f:id:fabifuten:20210426113356j:plain

 

運河観光を終え、その足でアムステルダム駅へ。

駅前にはたくさんの観光船。

先ほどの船もここからやってきたようです。

手軽の観光するなら、ここから乗車ですね。

 

f:id:fabifuten:20210426113359j:plain

 

さて、これからコインロッカーから荷物を出して、ベルギー、ブリュッセルへ向かいます。

いろいろトラブルがあったアムステルダム。

最後にも強烈なトラブルが待ってました。

 

ブログランキングに参加しています。

ポチりしていただけると、更新意欲あがります。

にほんブログ村 旅行ブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いします。