ターマハラート(Tha Maharaj)は夜がおすすめ

スポンサー


今年できた新しいチャオプラヤのリバーサイドモール、ターマハラート。

Maharajと看板があったので、ずっとマハラジという名前だと思っていました。

ホテルの真向かいにあったので何回か行ったのですが、

バンコクの若者に人気らしく、昼も夜もカメラを持ったカップルが目立ちました。

1_20150820093236143.jpg

2_2015082009323880b.jpg

2_1.jpg

3_20150820093241322.jpg

4_20150820093235109.jpg

5_20150820093249029.jpg

初めのうちは、どうしてここで写真撮るのか分からなかったのですが、

後で壁をみるとアートが書かれていました。

ペナン島のGeorge Townを目指しているのかもしれません。

6_201508200932503b2.jpg

7_201508200932522b3.jpg

8_2015082009325362a.jpg

店も若者向きのものが多く、私にはどうかなぁと思える店も、

うちの子供たちには魅力的に見えているところからすると、

完全に若者にターゲットを絞った施設のようです。

16_2015082009332546a.jpg

19_201508200933199d6.jpg

20_2015082009332104c.jpg

日本を意識した店も多く、バンコクの若者は日本ブランドに人気があるようです。

たこ焼きや寿司、どんぶり物がお洒落メニューになるところからすると、

日本文化、タイでは真っ盛りと言うところでしょうか。

その他、普通のレストランなどもありますので、

バンコクの若者のデートスポットになっています。

ここのスタバでコーヒー飲みながら、

リバーサイドの夜景を楽しむのもいいかと思います。

9_20150820093248f34.jpg

10_20150820093308b36.jpg

11_20150820093309921.jpg

12_201508200933113b0.jpg

13_20150820093312f3a.jpg

14_20150820093306be4.jpg

15_20150820093324d90.jpg

チャオプラヤ川の夜景というと、ナイトリバークルーズの船となりますが、

逆にここから行きかうリバークルーズ船を眺めるのもいいと思います。

遠くにワットアルンの夜景を眺めることもできます。

リバークルーズも、向かいのワンランへの渡しを利用すると、

往復で6バーツ、日本円で20円ほどで楽しめます。

21_20150820093322b94.jpg

22_20150820093335c3f.jpg

23_20150820093334bd6.jpg

渡しを使ってワンランに行き、

そちらから眺めると、こんな夜景が広がります。

DSCF8213.jpg

DSCF8241.jpg

DSCF8284.jpg

ここはいいところなのですが、まだナイトスポットとして日本人に知られていないのは、交通の便が難しいところです。

地元の人は普通にバスで来て、バスで帰っています。

ちょっとお金持ちは駐車場がありますので、車で来ています。

さて、観光客がここに来ようとすると、一番楽なのはタクシーという事になるでしょうか。

道路側は地味な雰囲気なので、なかなか見つけにくいかもしれません。

こんな感じです。

1343.jpg

あと、チャオプラヤの船を使ってくる方法もあります。

ちょっと前まで向かいのワンランの艀に停まっていたのですが、

今は、マハラート前の艀に停まります。

ワンランの乗り場が工事中なので、一時的なものかかもしれませんが。

地図を貼り付けておきますので、参考にしてください。

map_20150820103529f83.jpg

ここだと、地元民のナイトスポットですから、爆弾テロもおこりそうにありませんね。

DSCF8223.jpg

リバークルーズはちょっとお値段が・・アジアティーク・ザ・リバーフロントは遠いし・・

でも、リバーサイドの夜景も見たいと思われる方にはおすすめです。

爆弾テロのため、紹介をためらったのですが、

ここでテロが起こるのなら、無差別テロです。

というより、人を殺したいだけの殺人鬼の仕業です。

テロの脅威なくなるといいですね。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
今日もクリックありがとうございます



スポンサーリンク

シェアする