思い出旅行記

定年バックパッカー

カリブ海のリゾートといえば、カンクン ホテル選びが大事です


カンクンの治安、物価、交通手段を半島部の東ビーチ、北向きビーチ、ラグーンに面した内海向き、ダウンタウンのゾーン別効率的なホテル選びをまとめてみました。オールインクルーシブの賢い使い方とチチェン・イッツァ、グランセノーテ、トゥルム遺跡、プラヤデルカルメン、コスメルなどの周辺情報も載せています。
白い砂浜、青い海、新婚旅行先で常に上位に出てくるリゾート。

長いメキシコ旅行のフィナーレを飾ります。

プラヤデルカルメン からカンクンへ

プラヤデルカルメン の最後の夜

いい街でした。最後の夕食は近くのチキンの丸焼きを焼いているところからテイクアウト。ホテルの庭で頂きます。

一緒にご飯と酢漬けのサラダがついてきました。ご近所の店で買ったビールとともに最後の晩餐。ほんと、便利な立地のホテルでした。

さらに、ホテルの前の洗濯屋さんにご挨拶。

毎日、洗濯頼んでました。このおばさん、全く英語わかりません。でも、毎日話しているとなぜか通じる会話。最後の洗濯も普通なら翌日の出来上がりなのですが、特別に夜まで仕上げてくれました。

翌朝、いざカンクンへ向かいます。

当然、コレクティーボで。荷物がたくさんあるので追加料金いるかと思ったのですが、問題なし。後ろの荷物室に入れてくれました。

そして、着いたカンクンのダウンタウン。泊まるところはホテルエリア。ここから、どうやってホテルまで行くか・・

降りるとすぐ、タクシーのお誘いが・・300ペソで行くといいます。ちょっと高くないって言うと、料金表を印刷したものを出してきました。そこには色々ホテルの名前が・・確かに、泊まるホテルは300と書いています。

渋ってると、200でいいと言う。はい、交渉成立です。まぁ、初めからタクシーでホテルに乗り付けるつもりでしたから・・

なぜなら、それなりのホテルに泊まる場合、到着した客のイメージで部屋が割り当てられます。貧乏くさい客が歩いてチェックインだと、それなりの部屋になります。いい部屋をもらうために、今日だけは短パンティシャツから、長ズボンと襟付きのポロシャツに着替えてます。

タクシーに乗って、ホテルに到着。

すぐボーイがやってきて、荷物を引き取ります。そして、預かり証・・いやいや、さすがリゾートホテル。いい接客です。

チェックインしようとフロントへ。ただ、早すぎたので、部屋の準備ができるのが2時とのこと。

それまで、時間つぶしです。

まずは、ホテルの中を探索です。

いいですねぇ・・やっぱり違います。リゾート満載です。

ここから見る海の色・・高いお金を出して泊まる価値あります。

右も左も、正面も、ずつとカリブの青が広がります。

ホテルの中にスーパー発見。

品揃えいいです。果物や野菜の生鮮食品。

卵もあります。当然、チーズ、バターも・・朝ごはん、完璧です。当然、パンもたくさん。種類が多過ぎて、悩みます。

ハム類です。さすがに生肉はありません。

冷凍食品も色々と。このピザ、昼ごはんに良さそう。

お酒も色々な種類が・・ビール、ワインは当たり前。見たことないお酒がたくさん並べられています。

なんと、葉巻まで。さすが、キューバに近いカンクンです。

これだけのものが揃って入れば、ホテルから出なくても生活できます。物価の高いカンクンではある程度の自炊も必要。このスーパー、価格も庶民価格でした。

さて、ホテル内散策も終わり、

ホテルエリアの中心に繰り出します。ホテルの前からバスに乗ります。待たずにやってくるバス。

便利です。これで、ダウンタウンまでも行けます。

本数が多いので、中もスカスカ。座っていけるのが助かります。と言うのは、運転荒くて・・立っていると、やばいです。

カンクンのホテルゾーン中心にやってきました。

ハードロックやココボンゴなど、夜遊びには欠かせないものが揃ってます。アメリカ人、好きそう・・

ここでやってきました、大道芸人。客が少ないのか、私たちにまとわりつきます。カミさん抱きかかえたりして・・おいおい、犯罪一歩手前。少しチップを握らせ、退散しました。

この周辺、レストランがたくさんあります。ただ、値段を確認すると、びっくり。ちょっとここ、ニューヨーク並みです。

JAPON 12070km思えば遠くまで来たものだ・・

カンクンの物価もだいたい把握できたところで・・・カンクンの名所に向かいます。

パブリックビーチ。

カンクンの海岸はほとんどホテルが管理しています。宿泊者のみのビーチです。しかし、ここだけは誰でも泳げるビーチ。ダウンタウンのホテルに滞在する観光客が必ず訪れる観光地です。

お約束の写真。みなさん、列を作って待ちます。団体さんがバスで来た時など、写真撮れるまで、30分くらい並びます。

このバス早く発車して欲しいのですが、じっと客待ち。このバスは個人営業なのでしょうか。乗客が増えないと発車しません。

ホテルに帰って来ました。

とにかく暑いです。ホテルに緊急避難です。

ホテル前のタクシーの運転手も休憩中。ゲームを楽しんでます。いいですねぇ、このリラックス感。

さて、ホテルに戻ると、部屋が準備されてました。部屋に入ると・・ビーチが真正面。

いい部屋をいただいたようです。階も高層階。いい眺めです。

この部屋は、最初の日だけ。翌日はもっといいビーチサイトの部屋に移動するとのこと。いい服着て、タクシーで乗り付けた甲斐ありました。

クルッとパノラマで写真です。

ビーチに出てみました。ベットに寝転がり・・・最高です。

さて、太陽沈み夜がやってきます。

ホテルはライトアップされます。

ホテルのレストランでお食事です。

お酒は今まで封印していたマルガリータ。ウエイターがノリノリでサービスしてくれます。

私はお肉。

カミさんはイタリアン。

美味しくいただきました。そして、その後・・・

事件が起こります・・その詳細は後ほど

カンクンの基本情報

治安

ホテルゾーンであれば、全く問題ありません。夜遅くまで賑わっています。バスもオールナイトで走っています。ただ夜が遅くなると、酔っ払いが多いので、絡まれないように。盛り上がり方は半端じゃないです。

ダウンタウンも人通りの多いところは大丈夫。夜遅くまで、家族連れが歩いています。

物価

スバリ言って高いです。と言っても、東京の中心部と同じくらいです。メキシコの他の安いところを旅した後では、めまいがするほど高いです。ただ、ダウンタウンまで行くと、グッと下がります。お土産などの買い物はダウンタウンまで行って買い物するのもいいかも。

交通手段

一日中、ホテルゾーン中をバスが走っています。運転間隔も狭く、ほとんど待たずに乗れます。ダウンタウンに行く時もこれが使えます。タクシーは高いです。ホテルの場所にもよりますが、大体ダウンタウンとホテルの間で300ペソくらいです。

当然、交渉次第です。ホテルでよぶと高くなる時もあります。

カンクン ホテルの選び方

カンクン旅行を成功させるポイントはホテル選びです。

ホテルをどこにとるか、それによってカンクンのイメージがガラッと変わります。

ホテルゾーン

海に伸びる半島部。

現地の言葉でソナ・オテレラと呼ばれるところです。

でも、同じホテルゾーンでも場所によって風景が変わります。

当然、値段も。

半島部の東ビーチ

この場所が一番の海が綺麗なところ。

カリブ海の色が楽しめます。

カンクンで紹介される写真はここで撮られたものです。

今回はこちらに泊まりました。

南に下がると、ダウンタウンまで遠くなります。

程々のところがいいですが、いいところは当然お値段が高くなります。

満足度はお値段次第というところです。

オールインクルーシブのところが多くなります。

北向きビーチ

初めてカンクンを訪れた時はこちらに滞在しました。

値段が安かったもので・・

波は静かでいいのですが、一度東側の海を見てしまうと、見劣りします。

東側の海を知らなければ、そこそこ満足できるのですが・・

海を眺めながらというのではなく、プールサイドでリゾートという形になります。

ダウンタウンに近いので、自分で観光する人にはいいところです。

マリンスポーツを楽しむには波が静かなので適しています。

ラグーンに面した内海向き

ホテルゾーンでも、ラグーンに面したホテルになります。

ホテルゾーンで安く泊まりたいという時はこちらがおすすめです。

ほとんど昼間はホテルにいない、泊まるだけという方向けです。

ダウンタウン

一番安く泊まれる地区です。

ドミトリータイプの宿もあります。

ビジネスホテルのようなタイプが多く、機能的にできています。

遺跡巡りの観光だけという方はこちらでいいのではないでしようか。

若者はこちらに泊まる人が多いようですが・・

プラヤデルカルメンの宿をおすすめします。

効率的なホテル選び

ズバリ安くすませるのなら、二箇所に泊まる方法です。

六泊するのであれば、半分を東側のホテルに泊まり、ホテルライフを満喫する。

そして、残りをダウンタウンに泊まり、遺跡巡りをするという感じです。

オールインクルーシブについて

ホテルから一歩も出ないで、ホテルでのんびりという方はオールインクルーシブをおすすめします。

毎食、ホテルで食事をすると、びっくりするほど高くつきます。

飲み物だけでも高いです。

気持ちよくリゾート気分を味わうのであれば、気兼ねなく食事ができるオールインクルーシブがおすすめです。

ただ、安いオールインクルーシブは形だけのところもあります。

毎日、同じレストランだと飽きてしまいます。

これもお値段次第です。

カンクン おすすめ観光地

チチェン・イッツァ

https://futen.net/2018/08/16/post-6620/

グランセノーテ

トゥルム遺跡

https://futen.net/2018/08/18/post-6655/

プラヤデルカルメン

https://futen.net/2018/08/15/post-6611/

コスメル

https://futen.net/2018/08/14/post-6270/

ブログランキングに参加しています。

ポチりしていただけると、更新意欲あがります。

にほんブログ村 旅行ブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いします。